ED治療薬のメリットとデメリットを知って効果的に服用する

EDに悩む男性は増えています。現代のED治療で効果的な治療は、バイアグラなどのED治療薬によるものです。症状の改善に期待のできるED治療薬のメリットとデメリットを知っておきましょう。

*

ED治療薬を価格から選ぶ

   

ED治療薬の選び方のひとつに価格があります。ED治療薬としてはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類が代表的な存在です。

ED治療薬は血流量を増やす作用がある

バイアグラ、レビトラ、シアリスのそれぞれ含まれる成分が異なりますが、作用としては同じ仕組みとなっています。すなわち服用することで一酸化窒素を増やし血管拡張の作用をもたらしペニスへの血流量を増やすというものです。

さらに勃起を収めようとする働きを阻害することで勃起の持続力を高めます。いずれのものも勃起をしやすい状態にするといたもので性的興奮がなければ勃起することはありません。

ED治療薬を選ぶ前に特徴を知る

一方でそれぞれの違いとしては、バイアグラとシアリスが効果が出るまで60分、レビトラが30分となっておりレビトラが短時間で効果が発現します。ただしバイアグラの場合には食事の影響を受けやすいため注意があります。持続時間ではバイアグラが4時間、レビトラが8時間、シアリスが36時間といった違いがあります。ただいずれにしてもセックスを行う1時間前に服用するのが効果的ですし、シアリスのみ持続時間が突出しているので、それぞれの治療薬の特長を生かして使い分ける人もいます。

ED治療薬の相場を知って価格で選ぶ

ED治療薬を利用する場合には相応の費用が発生します。このため価格から選ぶ人も多くいます。ED治療はいずれも自由診療ですから、治療薬の価格も大きく変わってきます。現在の相場では1錠あたりバイアグラ25mgが1300円~2000円、バイアグラ50mgが1500円~2200円、レビトラ10mgが1500円~2000円、レビトラ20mgが2000円~2500円、シアリス10mgが1700円~2200円、シアリス20mgが2000円~2500円となっています。このように容量が多い方が安くなるので容量が大きいものを購入して半分に折って使うといった人も多く居ます。
価格で見ればバイアグラが先行薬ということで価格も低めで、また国内でもバイアグラのジェネリックが製造されているので価格を抑えたい場合に選択されます。